筋トレを自宅で行うメリット・デメリット

この記事は2分で読めます

106-154-68-179
Pocket

スポンサードリンク

筋トレを自宅で行う、キントレマンです^^

「筋トレを自宅で行い120%成功する方法」という事で、キントレマンが本日は「筋トレを自宅で行うメリット」について情報をお伝えします^^

 

スポンサードリンク

筋トレを自宅で行うメリット・デメリット

筋トレを自宅で行う場合のメリットデメリットを明確にすると、結果的に筋トレを長く続けることができて、結果を出せるトレーニングを行うことができるようになります。
ですので、これから本格的に筋トレを始めようと思っているが、自宅で行うか、それともジムで行うか悩んでいる方は最初に確認をしてくださいね^^

筋トレを自宅で行うメリット

・お金があまりかからない

・移動時間などタイムロスがない

・他人の目を気にすることなく自由に行える
以上、筋トレを自宅で行うメリットとなります。

正しい方法を行えば、最低限の器具で十分な結果を出すことができますし、なんと言っても、忙しい毎日を過ごしている日本人は移動時間のロスが大きいと思います。
かつ、トレーニング始めの方は、他人の目が気になりますよね。

私の場合、ジムにいきなり行ったら、器具の動かし方が分からずにトンチンカンなやり方をして、笑われて恥ずかしかった思い出があります(悲)
しかも、かなりおデブな体型でしたんので、他人から見られる目が気になってトレーニングどころではありませんでした。

筋トレを自宅で行うデメリット

・誤った方法で筋トレを行い、結果が出ない

・一人で行うので、孤独

・誘惑が多い

以上、筋トレを自宅で行うデメリットとなります。
自宅でトレーニングを行う場合は家族が一緒に行うのではない限り、孤独となります。
また、誘惑も多いです。

トレーニングのメニューを決めて、3セット行うと決めていても、2セット終わった時点で体もほどよく疲れてきているときに、「ちょっと休憩」といって、近くにある漫画本に手を伸ばす・・・

誘惑が多いので、自分に甘い方は厳しいかもしれません。

 

しかし、それよりも何よりも、「誤った方法で筋トレを行い、結果が出ない」のが一番の問題です。
ですので、自宅で筋トレを行う場合には、きちんとした方法で実施する必要があります。

 

筋トレを自宅で行うかどうかについてのキントレマンの考察

tnm確かにジムは、器具やマシーンが揃っていて、一見、充実したトレーニングができるように見えます。
しかし、プロを目指す体作り以上を目指す場合は別ですが、一般の方はほとんど、ジムの機器を使ってしか、作れない体型は必要ないとお澪ます。

しかも、正しい知識と方法で行えば、自宅で筋トレをして十分な結果を出すことができるのです。

 

もし、ジムに入ってしまったら、入会金や月会費などの自己投資が、「お金をかけたからには、結果を出すまで頑張らなければ!」とやる気につながる場合がある方もいらっしゃいます。
しかし、余計なコストをかけることなく、自身で高い意欲を維持したまま自宅でトレーニングを行うことができたら、ジムに通う必要はないかと思います。

また、「ジムに通おうかと検討しているけど、なかなかまとまった時間が取れないから・・・」と言って、先延ばしにしている方、要注意です。
たしかに、ジムに通おうとする最初の一歩は重たいです。しかも、ジムまで移動しなければならない。着替えや靴など一式揃えて、身なりにも充分気をつけないといけない。
そして、かかる時間は2時間ほど。忙しい現代人では、よほど、時間を確保しなければならず、継続するまでたどり着くのは至難の業です。

 

以上の点から、「筋トレを自宅で行ってから結果を出して、さらに上を目指すのであればジムに通う」という事が正解だと思います。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
106-154-68-179
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。