初心者が自宅で筋トレを継続する為の秘訣

この記事は3分で読めます

106-154-68-179
Pocket

スポンサードリンク

初心者ながら自宅で筋トレをしつこく続けているキントレマンです^^

本日は「初心者が自宅で筋トレを継続する為の秘策」について情報をお伝えします^^

 

スポンサードリンク

初心者が筋トレに挫折する理由→飽きるを克服せよ!

自宅で筋トレを行っていると、最初はモチベーションが高いと思います。

いや、むしろ低い方で筋トレを始めた方がいたら、逆に教えてほしいくらいです(笑)

 

そこで、最初はな~んとなく、スケジュールを決めて始めると思います。

・腹筋20回×3セット

・腕立て伏せ20回×3セット

・スクワット50回×2セット

なんて感じで始める場合が多いと思います。

 

そこで、普段運動を行わないので、筋トレをした後は、結構疲れて

 

ふふ・・・。俺史上最高の肉体へ近づく伝説の幕開けの日が

 

今日だ!

 

くらいに自己陶酔して、次の筋トレ日に完全燃焼する事を誓う、いや、

俺市場最高の肉体に近づく為に、筋トレするのって、

 

 

常識じゃない?

 

くらいの勢いで、楽勝に思っていると思います。

 

 

そこで、3日後の筋トレ日くらいには、まだやる気があるので

ふう~。

 

いっちょやってみっか(オッスオラ悟空バリの勢い)

くらいで筋トレを行うと思うんでえすよ。ええ。

 

 

しかし、元気玉を使った後の悟空のごとく

「オラ、腹減って力が出ねえだ」

くらい、モチベーションが下がってきます。

 

 

そして、次の3回目の筋トレを行った後から

気づき始めるのです・・・・

 

 

「俺って、筋トレしても効果が出ない体質なんじゃない?」

 

そう。3回も筋トレを頑張ったのに、鏡の前の自分は

筋トレをしていなかった頃とまったく変わらない肉体。

 

・・・マッチョなんて無理。

 

そう、筋トレを無計画に勢いだけで始めたら、

こんな結果になります。

 

そして、半年後くらいになぜか、筋トレしたくなって

さーて、いっちょやってみっか!

という具合に、自宅筋トレを始めて失敗を繰り返すのです。

 

 

そんな失敗をしないために、自宅で筋トレを行う際には

きちんとした「飽きない」方法で筋トレを行う必要があります。

 

そのためには、具体的なスケジュールと、筋肉がつく予想

を立てる必要があります。

その方法は詳しく過去記事に書いてあります→ こちら

 

その後は、筋トレを継続して実施するのですが、

これが、単調作業&体がきついという具合で

飽き性で易きに流れる凡人は放り出してしまいます。

 

そこで、キントレマンは、ウルトラC級の秘訣を見出しました。

 

それは・・・・

 

 

 

筋トレメニューを覚えたら、テレビやネット動画を見ながら

行うということになります。

 

IMG_1854

たとえば、私がスロー&クイックトレーニングを行う場合には

動画に合わせて行っているので、テレビで2画面にして

筋トレを行っています。

 

最近って、DVD付きの自宅筋トレ方法が流行っているじゃないですか?

実はあれって、ジムに通うよりも超お手軽かつ、安価

かつ、無制限にレクチャーを受けられる、そして、

画面に出ているお兄さんもしくはお姉さんが一緒に

トレーニングをしてくれて、

 

いっちょ最後まで筋トレしてみっか!(オッス、オラスタープラチナ!)

みたいに最後までトレーニングを引っ張ってくれるんです。

 

 

 

しかし

 

 

 

何回も何回も、画面上で相手と顔を合わせていると

「今日も会えたね^^一緒に頑張ろう」

から

だんだん飽きてきて

 

 

「なに熱い視線で見てるんだよ!」

「おいおい、そんな涼しい顔でトレーニングするなよ!」

 

「てめえ、1動作ごとに休憩入れまくってるから出来るんだろ!」

 

と、筋トレに飽きてきたストレスを画面に出ている

何の罪もないお兄ちゃんに思ってきます。

 

 

そこで、もう一画面を追加し、気を紛らわせることで

意識は、その情報へ、肉体は筋トレへ分散し

 

「ふ。気が付けば、筋トレを消化してしまった。

超エリートのこの俺様に不可能は、ない!!」

 

という具合に、途中で断念することなく、

最後まで筋トレを終えることができます。

 

 

という訳で、凡人で飽き性な私の

継続する秘策をお伝えしました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
106-154-68-179
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。